タバコの火を消す様子と禁煙表示
タバコ

ニコレットは禁煙グッズの一つで、噛むガムのタイプと貼るパッチタイプの2種類が存在します。
どちらもニコチン置換療法を行うことで、タバコへの欲求を抑えて禁煙ができるとされている医薬品です。
使用方法はそれぞれ異なり、特徴に合わせて選ぶことができます。

ニコレットガムは噛むことでニコチンの成分を少しずつ出して、口腔粘膜を通じて脳内に補給します。
使用するタイミングはタバコを吸いたくなった時で、ニコチンを摂取するのと同時に、噛む動作によって口寂しさを紛らわせることができます。
1回に1個を口に含み、15回ほど噛んでピリッとした味が出たら、ニコチンが出ている証拠なので噛むのを止めます。
ガムは頬と歯茎の間に挟んで約1分以上そのままにして、ニコチンが粘膜から吸収されるのを待ちます。
味がなくなったら、再びガムを15回程度噛み、頬と歯茎の間にガムを挟む動作を繰り返していきます。
これを30~60分の間繰り返したあと、ガムを紙などに包んで捨てます。

ニコレットガムの使用個数はタバコを1日で吸う本数によって異なりますが、1日の最大使用個数は24個となっていて、期間は最大でも3ヶ月とされています。
ニコレットガムのニコチン置換療法は、最初の1ヶ月は6~9個、次の月から3~6個程度と徐々に減らしていくのがコツとなります。

一方のニコレットパッチは皮膚に貼り付けてニコチンを補給するタイプなので、箱から出したシートをハサミで適当なサイズに切って、起床時に上腕部または腰周辺に貼ります。
効果は約16時間が目安となっていて、目覚めから就寝時までニコチン濃度が保たれる仕組みです。
目立たない箇所に貼れるのが特徴で、接客業などをしている人には便利なタイプと言えます。

どちらも禁煙するには便利な方法なので、仕事や生活環境に合わせて、使いやすい方を選ぶといいでしょう。