お葬式

社会的背景と葬儀の関係

今注目される家族葬とは

葬儀

最近、家族葬という言葉をよく聞くようになりました。どうやらその家族葬を行う方が増えているようです。具体的にに家族葬とはどのように執り行うのでしょうか。家族葬は、近親者だけで葬儀を行い、火葬をするという流れなのですが、小規模な葬儀全般を指すものであるようです。ですから日を改めて本葬を行う密葬とは違います。なぜ、このように家族葬が注目を浴びているかというと、昨今の社会的背景があげれられます。少子化や高齢化、核家族化や血縁、近所関係などの付き合いが薄くなってきたこと、様々な価値観、また高い葬儀費用などのような理由が考えられます。実際、家族葬はいろいろな面で負担が少なくなり、ゆったりとした時間を持つことができ、故人とゆっくりとお別れすることもできることでしょう。

具体的な準備や流れとは

家族葬を行いたい場合には、事前に十分に話し合っておく必要があります。たとえば、故人とつきあいの深いどなたまでお知らせしたらよいのか、家族とはどの範囲までいれるのか、などです。香典や供花はどうするかも話し合うべきでしょう。葬儀社を選ぶ時に重要なことは、葬儀にかかる費用について、細かいところまできちんと説明をしてくれるかどうか、ということです。またいろいろな疑問や相談にも丁寧に答えてくれるかどうかもチェックしたほうがよいでしょう。まだ、その段階ではないけれど、いろいろと家族葬について調べておきたい、という方は、インターネット上には家族葬について詳しく説明していたり、執り行う業者のサイトがいろいおとありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

落ち着いてお別れができる

葬儀

神戸で家族葬を行なう時に、気になるのが料金です。神戸の業者や、どのような葬儀をするのかなどによっても異なります。費用をなるべく抑えたいなら、10万円程度でできる直葬が良いです。

Read More >>